読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストニア!中世にタイムスリップ その5

レストランVäikeは地元の人から大人気!

建物自体は古く、色んなものが剥き出しのままですが、フローリングとタイルで居心地のいい空間にアレンジされています。

f:id:formiestudio:20170322150124j:plain

f:id:formiestudio:20170322151846j:plain

f:id:formiestudio:20170322150319j:plain

↑↑ このフロアペインティングがレストランの特徴。

f:id:formiestudio:20170322150504j:plain

↑↑ 椅子には番号が振ってあって、教室みたいです。

f:id:formiestudio:20170322152156j:plain

Cozyなインテリアも、お食事も、スタッフのサービスまでも愛されているレストランです。

エストニア!中世にタイムスリップ その4

タリンには、モダンな雑貨屋さんもちゃんとあります。角ばっているものよりも、まるいインテリアアイテムが多いです。

f:id:formiestudio:20170322135850j:plain

f:id:formiestudio:20170322135935j:plain

↑ ↑ 自然の温もりを活かしたキャッチーな照明。

f:id:formiestudio:20170322140153j:plain

f:id:formiestudio:20170322140558j:plain

↑↑ 自然光とは違った雰囲気のある照明。


小さな照明の多用使いで、効果的に空間を演出します。

f:id:formiestudio:20170322143145j:plain

f:id:formiestudio:20170322143218j:plain

木製のまるいウォールシェルフは空間を立体的に見せ、機能面と実用面を両立できそうです。

エストニア!中世にタイムスリップ その3

タリンには小さなシアターがあちらこちらにあります。Von Krahl は、コンサートや音楽のイベントなどが専門で、レストランが併設されています。

f:id:formiestudio:20170322115746j:plain


f:id:formiestudio:20170322115821j:plain

"Gilgamesh or Button of Eternity"というステージのタイトルから、↑↑ こちらのボタンが広告に。

f:id:formiestudio:20170322115856j:plain

石畳の坂を登ると、一際目立つモダンな店構えです。

エストニア!中世にタイムスリップ その2

タリンの広告はなぜか目を引きます。

f:id:formiestudio:20170322112613j:plain

↑↑ こちらはシアターのポスター

f:id:formiestudio:20170322112719j:plain

↑↑ こちらはアルコール販売店。窓辺にビールが並んでいます。

f:id:formiestudio:20170322112844j:plain

↑↑ こちらは元監獄の太っちょマルガリータ。ドアの取手がM。

f:id:formiestudio:20170322112949j:plain

↑↑ こちらはEstonian Health Care Museum。インパクトのある人体のパネルがお出迎え。


エストニア!中世にタイムスリップ その1

バルト三国の一つであるエストニア。首都のタリンへは、ヘルシンキ港からフェリーでおよそ2時間で到着します。

f:id:formiestudio:20170322105514j:plain

旧市街地そのものが世界遺産。今回はドアにフォーカスします。

f:id:formiestudio:20170322110021j:plain

f:id:formiestudio:20170322110702j:plain

f:id:formiestudio:20170322110809j:plain

f:id:formiestudio:20170322110958j:plain

f:id:formiestudio:20170322111414j:plain

f:id:formiestudio:20170322111859j:plain

f:id:formiestudio:20170322111948j:plain

まるでお菓子のようなドアもあります。お気に入りのドアを探しながら街を散策できます。

くねくねしたスツール

アーティスト フィンランド ホームインテリア カラーコーディネート

ヘルシンキ中心部のArtekで、実用的かつエコなスツールを発見しました。

f:id:formiestudio:20170308143920j:plain

このスツールは、Wiggle Stoolと呼ばれていて、くねくねしたスツールという意味です。アメリカを代表する建築家、フランク・O・ゲーリーが1970年にデザインしました。

f:id:formiestudio:20170308143957j:plain

よーく見ると、ダンボールでできています。