読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリメッコ最新デザイン(2017年春夏)

 2017年の春夏ホームコレクション最新デザインは、紫陽花、格子、バスケットの3つがモチーフ。

f:id:formiestudio:20170307114100j:plain

 こちらはヘルシンキ中心部のMikonkatu通りにあるマリメッコショップのディスプレイです。

f:id:formiestudio:20170307111104j:plain

ボーダー好きなフィンランド人は洋服からベッドカバーまでボーダーです。こちらのデュべカバーと奥のピローケースはTasaraita(横縞)柄で、定番商品です。

f:id:formiestudio:20170307111541j:plain

カリーナ・セス・アンダーソンとサミ・ルオツァライネンのコラボレーションによって誕生した新しいデザイン。テーブルウェア、キッチン用品、ファブリックのコレクションです。

 

間接照明を活かしたデンマーク発のカフェ

ヘルシンキの中心街にあるデパートSTOCKMANNの中にデンマーク発のカフェ、

JOE & THE JUICE が新しくできました。

f:id:formiestudio:20170307101345j:plain

店内はペンダントやスポットライト、テーブルランプなど、多灯使いで光がコントロールされています。

f:id:formiestudio:20170307120329j:plain

明かりの濃淡によってメリハリのある空間になっています。

f:id:formiestudio:20170307101448j:plain

 眩しすぎず暗すぎず、フルーツが美味しそうに見える光の具合。

f:id:formiestudio:20170307101633j:plain

くつろぎたいスペースには、小型ペンダントライトの灯りでやわらかく包みます。

外観と内観の差が楽しいヘルシンキ

ヘルシンキの街並みは、パリやロンドンと比べるとなんだか地味で無機質。

f:id:formiestudio:20170222142631j:plain

コンクリートの角ばった建物や、暗めの外観が多いです。

f:id:formiestudio:20170222141445j:plain

 クリスマスシーズンでもイルミネーションは控えめで、地味にこの程度。

 

ところが一歩お店に入ると、内観はカラフルで、温かく、なんだか迎えられたようにほっこり感じます。

f:id:formiestudio:20170222142821j:plain

 

f:id:formiestudio:20170222143619j:plain

↑↑ こちらはMade in Finland のインテリアグッズをとりあ扱う”Lapuan Kankurit" (ラプアン・カンクリ)の店内。

f:id:formiestudio:20170222143858j:plain

f:id:formiestudio:20170222144100j:plain

↑↑ 最近オープンした、”TRE”はフィンランドの若手デザイナーを応援する家具屋さんで、奥にカフェが併設されています。

f:id:formiestudio:20170222160235j:plain

カフェでイスやテーブルを実際に使ってみて、購入を検討できます。

内観は別世界なので、ぜひ勇気を出して一歩入ってみましょう。

 

タペストリーを使いこなす

マリメッコアウトレットショップでは、豊富な柄のファブリックが売られています。フィンランド人はDIYが好きなので、自分で布を買ってインテリアコーディネートに活用します。

f:id:formiestudio:20170222131611j:plain

テーブルクロスを重ねてみたり、

f:id:formiestudio:20170222135738j:plain

窓にカーテンの代わりにかけてみたり、

f:id:formiestudio:20170222132006j:plain

お部屋のイメージチェンジにアート感覚でタペストリーを気軽に活用しています。

f:id:formiestudio:20170222135217j:plain↑↑ こちらは2013年4月のマリメッコ本社のディスプレイです。

f:id:formiestudio:20170222140444j:plain

マリメッコ本社の社員食堂”maritori”。

フィンランドのモダンデザインArtek その3

フィンランドではセカンドハンドの家具の方が値段が高く、ヴィンテージと呼ばれています。

f:id:formiestudio:20170222115546j:plain

時を経て、使い込まれていくうちに木肌に深みが出てきます。フィンランド人は経年劣化の傷や変色を味として高く評価します。

f:id:formiestudio:20170222115102j:plain

北欧の空間に対する価値観の中に、"Less is more"という考え方があります。モノが溢れすぎて、本当に何が必要なのかを見失ってしまう社会では新鮮な価値観だと思います。ただ断捨離をしてモノを捨てるのではなく、一つのモノを長く愛するということに価値を見出すのです。

f:id:formiestudio:20170222115753j:plain

↑↑ こちらのスツールは700ユーロ。

f:id:formiestudio:20170222113623j:plain

ちなみに新品のものは485ユーロです。

家具と一緒に年を重ねるのが北欧のライフスタイルです。

フィンランドのモダンデザインArtek その2

Artekの2階は、イスのギャラリー。フィンランド人は初任給でイスを買う人が多いです。それだけ、生活の空間を大切にすることが豊かさにつながるという価値観を持っています。

f:id:formiestudio:20170222111054j:plain

f:id:formiestudio:20170222111637j:plain

フィンランド人はホームパーティーをしたり、友人を気軽にお茶に招いたりするのが大好きです。クリスマスには親戚一同が一つのおうちに集まるのが当たり前。日本と比べてパーティーが多い分、多くのイスが必要になってきます。

f:id:formiestudio:20170222112422j:plain

子供にもデザイナーの家具を与えることは珍しくありません。

f:id:formiestudio:20170222112728j:plain

f:id:formiestudio:20170222112806j:plain

デザイン性と使い心地の両方を兼ね備えたイス。一脚ずつ、買い揃えていくのがフィンランド人にとってこの上ない幸福なのだそうです。

フィンランドのモダンデザインArtek その1

今回はヘルシンキの中心部にあるArtekをご紹介いたします。ArtekはArt(芸術)+Technology(技術)がコンセプト。フィンランドで最も有名な建築家、アルヴァ・アアルトが1935年に設立した家具ブランドです。

 

f:id:formiestudio:20170222102131j:plain

こちらのスツールはアアルトの代表作品で、1933年に発表された当初は図書館用にデザインされました。80年以上たった今もなおフィンランドの国内外で多くの人に愛されています。フィンランド人いわく、ほぼどの家庭にもこのスツールがあると言っていいほど、生活に根付いているモダンデザインの一つです。

f:id:formiestudio:20170222102750j:plain

 

f:id:formiestudio:20170222102009j:plain

無駄がない美しいデザインに耐久性と安定感を兼ね備えています。また、色や素材を選んで自分らしくカスタマイズできるのも、ロングセラーの理由だと思います。