外観と内観の差が楽しいヘルシンキ

ヘルシンキの街並みは、パリやロンドンと比べるとなんだか地味で無機質。

f:id:formiestudio:20170222142631j:plain

コンクリートの角ばった建物や、暗めの外観が多いです。

f:id:formiestudio:20170222141445j:plain

 クリスマスシーズンでもイルミネーションは控えめで、地味にこの程度。

 

ところが一歩お店に入ると、内観はカラフルで、温かく、なんだか迎えられたようにほっこり感じます。

f:id:formiestudio:20170222142821j:plain

 

f:id:formiestudio:20170222143619j:plain

↑↑ こちらはMade in Finland のインテリアグッズをとりあ扱う”Lapuan Kankurit" (ラプアン・カンクリ)の店内。

f:id:formiestudio:20170222143858j:plain

f:id:formiestudio:20170222144100j:plain

↑↑ 最近オープンした、”TRE”はフィンランドの若手デザイナーを応援する家具屋さんで、奥にカフェが併設されています。

f:id:formiestudio:20170222160235j:plain

カフェでイスやテーブルを実際に使ってみて、購入を検討できます。

内観は別世界なので、ぜひ勇気を出して一歩入ってみましょう。