読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルシンキ中央駅でフィンランドのアール・ヌーヴォーを楽しむ

公共機関 フィンランド

f:id:formiestudio:20170308105856j:plain

ヘルシンキ中央駅は、フィンランドの建築家エリエル・サーリネンが設計し、1919年に完成しました。控えめなアール・ヌーヴォー様式はとってもフィンランド人らしいデザインです。駅構内は、天井が高く、照明は駅とは思えないモダンなセンス。

f:id:formiestudio:20170308134841j:plain

存在感のある巨人像は4体あって、それぞれがボールのランプを持っています。